雑木林研究会 2018年春のオープンセミナー「今、里山資源を再活用する里山工芸~荒れた竹林に光を!」

豊田市で竹について話させてもらいます。

3/10雑木林研究会 2018年 春のオープンセミナー

雑木林研究会 2018年春のオープンセミナー「今、里山資源を再活用する里山工芸~荒れた竹林に光を!」

日時:2018年3月10日(土) 11:00~16:30頃

場所:挙母ルーテル幼稚園(豊田市桜町1丁目79)※豊田市駅より徒歩7分、駐車場なし

はるか昔より、地域ごとの里山の資源(木・竹材、和紙、陶器等)がその地域特有の工芸・民芸を育んできました。この地域では身近な裏山や畑に竹林を育てながら様々な生活道具の材料として利用してきました。また矢作川の河畔林として洪水等の防災の役割など、多様な活用をしてきた歴史があります。
今回はその歴史を継承しながら現代の技術を活かし、今の生活に適った新たな竹資源の利用法を再創造し、同時にその伝統的な竹林の環境を保全し、育成する「木育」の活動やその仕組みづくりを考えるきっかけとしたいと思います。

内容
《11:00~16:30》
■里山工芸展示(ホール・廊下)
・竹の楽器・・・三津井宏氏(バンブーサ代表)
・竹のかご・・・辻本佐和子さん(雑木林研究会)
・竹行灯(あんどん)・・・森由紀夫さん(木文化研究所)他

《12:00~13:30頃》
■ワークショップ(保育室・園庭他)
・竹テント組立て(当日参加、無料)
・竹行灯づくり(当日参加、有料)

《14:00~16:30》
■オープンセミナー(ホール)・・・当日申込、参加費、無料
◇講演会:「竹を使って楽しく豊かに暮らしたい」
~竹テントやビニールハウスなどの開発と各地での竹を通じた場づくり~
講師 トージバ神澤則生氏 (http://www.toziba.net/)

◇座談会:「今、竹資源を再活用する里山工芸の育成」(15:10ごろより) 《17:30~19:00頃》

■交流会・・・講師&参加者の方々の懇親会
会場:木文化研究所
(挙母ルーテル幼稚園から徒歩5分程度)
当日申込、飲食代実費負担(2,000円程度)

http://www.oiden-sanson.com/event/eventpre/asahi/entry-1387.html

このページの先頭へ