お蔵フェスタ バンブーステージ完成

3月13日に行われる「お蔵フェスタ」のステージを利根川の河川敷に作りました。
バンブーアーティスト三橋玄氏とバンブーファクトリーが朝から竹切り〜午後から設置、1日で終わらせました。
設計図なし、ライブであっという間にできああがりました。

13日は天気も良さそうです。是非、ステージ見に来てください。

イベントをすればするほど竹林がきれいになっていく。。竹はタダです。もっと使いましょう!

.

NEW竹テント、デビュー!

2007年4月にお目見えして早約4年、竹テントがいよいよバージョンアップ!
2月20日に行われたアースデイマーケットで、プロトタイプのお披露目を行いました。

組み立てている所 屋根の旧バージョンに比べ太くしっかりとしたものになってます

ジョイント部分 すっきりとしています。

旧バージョンの金具との比較 使う金具はこの1種類のジョイント金具と長さの違うボルトのみです。

天幕は、傘の生地を縫って作ったオリジナルです。
傘生地なので撥水性もありストレッチ生地なのでフィット感がいい感じです。

今回はアースデイマーケット会場でブース出店という形での展示会となりましたが、ひとまず評判は良かったです。

今後のアースデイマーケットでも展示会出展を行っていく予定なので、
興味のある方は是非会場に足を運んでいただければと、思います。

それと、今後の展開について。。

この竹テントは、現在は販売の予定はありません。
ワークショップで参加者と共に作っていきます。

竹林が荒れて困っている地域に、ボクたちが出向き、
その地域のヒトたちと一緒にワークショップで竹テントをつくる。
その後は、その地域のヒトたちが竹を通じてつながっていき、
新たなるコトが起きていく切っ掛けを提供して行きます。

早ければ6月ぐらいから各地でワークショップが開催できそうです。
興味のある方は是非、お問い合せください。

その前に、NEWパーツの量産というハードルをクリアしなければなりませんが。。

トージバ 神澤則生

竹テントづくりワークショップin神崎町、開催しました

トージバの千葉事務所がある神崎町で待望の竹テントづくりワークショップを開催しました。
参加者は神崎町の住民の方達を中心に周辺の町の方、遠くは仙台の方、学生の女の子も参加してくれました。

ワークショップは全部で2日間のプログラム。

1日目は、竹林での竹テント部材用の竹切り、そして竹林整備です。

斜面にある真竹の竹林、傘をさして通れるぐらいに間引きしていきます。

竹藪をキレイにしたらたくさんの五味が出てきました。
荒れた竹藪は恰好のゴミ捨て場になってしまいます。
キレイにな竹林にはゴミは捨てづらいはずです。
ひたすらキレイにしていきます。

竹テントに使う部材以外の枝などの部位は、竹の油抜きをする焚き火の燃料につかいました。

1日目の午後から2日目は竹テントの組み立てを開始。

2日目の午後3時には3チームで各1台の竹テントが完成しました。

まずは記念すべき3台の竹テントが完成しました。
今後も、地元神崎町で竹テントづくりのワークショップを開催していく予定です。

次回は、完成間近のニュー竹テントのジョイント金具を使ったワークショップになります。
詳細は、決まり次第お知らせしますが、
月に一度、トージバの古民家事務所「と〜じ舎」で定期的ワークショップを開催していくことになりそうです。
竹テントづくりをマスターしたいヒトが1泊2日でマスターできるプログラムです。
乞うご期待!

トージバ 神澤則生

このページの先頭へ